幼・一年生の硬筆と毛筆

  • 2019.12.10 Tuesday
  • 21:00

毎年この時期になると、就学前のお子様の問い合わせが増えてきます。

質問で多いのは、「筆は同時にした方が良いですか?」というものです。

教室では、まずは硬筆のみをしていただいています。
鉛筆に慣れて、ひらがながある程度書けるようになったお子様から、順次毛筆に進みます。

小学一年生も同じようにしています。

 

 

こちらは、11月の年長さんの作品です。

稽古では、字には綺麗な形があること、一文字一文字丁寧に書く事を伝えています。

 

 

こちらは一年生の11月の作品。

年長さんも一年生も、みんな上手に書けています✨
ぜひ拡大してみてください😊

 

 

こちらは、一年生の毛筆です。

毛筆に進んでも、お手本を見て丁寧に書くことを心掛けます。

また、2020年からは、小学1・2年生の書写の授業に「水書用筆等を使用した運筆指導」が取り入れられることに。

筆を使うことで、トメ・ハネ・ハライや、筆圧調整が感覚的に分かり、硬筆の運筆(鉛筆運び)がスムーズになると言われています。

ですので、教室でもまずは硬筆からはじめていただきますが、毛筆も早い段階で習うことをお勧めしています。


◎硬筆の稽古について書いたブログ
硬筆の稽古について

 

◎お稽古全般についてはこちらへ
稽古について


------------------------------------------------
福山市の書道教室
関戸書道教室 
050-3580-3735(体験・見学専用ダイヤル)
https://sekitoshodou.com
□駅家教室
□伊勢丘教室
□坪生教室
□高屋教室 ※神辺の方も在籍
------------------------------------------------

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM