稽古について

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 00:00

 

関戸書道教室の稽古について書いています。

 

 

<稽古について>

 

書には「実用の書」と「芸術の書」という二つの側面があります。
当教室では、小学生から中学生までは綺麗な字を書くための「実用の書」、高校生からは「芸術の書」にも取り組んでいただけます。

 


子どもも大人も”見る力”と”意識”が大事

 

小学生や初心者が身につけたいのは実用の書、いわゆる’’綺麗な字’’だと思います。
綺麗な字を書くためには、大人も子どもも見る力(観察力)が大切です。

一つの線がどこから始まって、どの太さ・長さで、どの方向に向かっているのか、もっと言えばどのような線質で書かれているのか。

見る力を鍛えれば鍛えるほど、書く力もついていきます。
まずは、大人も子どもも見る力を引き上げることを目標にします。

また「書道を習い始めたとたんに子どもの字が変わった!」と聞くことがあります。
これはお子様の意識が”字”に向いたのだと思います。

大人も心の変化で字が変わります。
この点は、書の興味深いところでもありますね。

 


子どもが綺麗な字を身につけるために

 

上達には、手本の見方に加えて、用具の使い方を知ることも大事です。
稽古中はその点に力を入れていきます。
席をまわりながら手本の見方を指導し、指導者が実際に書いて筆使いを教えます。
硬筆も、鉛筆の持ち方・運筆(鉛筆を自在に扱う方法)からはじめます。

また、見る力と書く力が育つには個人差があります。
時間がかかることもありますので、長い目で見守ってあげてください。
就学前から来ていたお子様が、3年生4年生になって急激に上達することもあります。


基本的には、たくさん書く前に、一文字一文字ていねいに書くことを大事にする指導法となります。

お子様を預からせていただく以上は、一人ひとりが持っている力を発揮できるような指導を心がけています。
何かご相談があれば、いつでも気軽にお願いします。 

 


大人の書道について

 

毎月の課題には、漢字・かな・細字・ペン習字・条幅・古典臨書(楷書/行書/草書/隷書/かな)と一通りの分野の手本を用意しています。
「実用の書」と「芸術の書」、どちらにも対応できる内容になっています。
初心者はこれを毎月練習することで、基礎力がついていくと思います。

さらに、そこから書を深める・楽しむためには、早い段階での古典臨書をお勧めしています。
古典は長い歴史を経て残ってきた美しいものばかりです。
教育漢字の字形も、古典を基に出来ています。
臨書を取り入れることで、審美眼が磨かれ、自分の書も観察できるようになるかと思います。
(臨書プラス、書作品や書以外の美術品を見るのもおすすめなので、展覧会情報もこのブログで案内していきますね)

また、書道は「お手本を見て書く」というイメージが強いですが、臨書をしっかりしていれば、手本なしで創作ができるようになります。
「芸術の書」の入り口が、古典臨書にあると考えています。

書は深く広いです。どの方向に掘り下げていっても面白い世界です。


書道に興味のある方は、ぜひ一度、教室においでください。

一緒に勉強しましょう!

 

 


------------------------------------------------
福山市の書道教室
関戸書道教室
050-3580-3735(体験・見学専用ダイヤル)
https://sekitoshodou.com
□駅家教室
□伊勢丘教室
□坪生教室
□高屋教室 ※神辺の方も在籍
------------------------------------------------

【一般部】ペン字

  • 2020.03.26 Thursday
  • 14:30

3月の一般部は、昇段試験の月でした。

 

大人の方は、漢字・かな・細字・ペン字の各部門で

初段以上の方は年2回(3月と9月)の昇段試験があります。

 

教室でも、受験作品が集まってきました!

今回は、お問い合わせの多い【大人のペン部】を紹介しますね✨

 

 

こちらは、初段を受験する生徒さんの作品です。

ひらがなの書きかたと、実用的な内容になります。

 

 

 

こちらは、七段を受験する生徒さんの作品。

和歌や、かなの古典をペンで書きます。

 

 

 

こちらは、毎月の課題です。

上級者は便箋用紙に、初級者はマス目用紙で練習します。

 

 

 

昇段試験には、毎回このような課題が出ます。

こちらは初段のお手本。

 

 

 

 

こちらは二段〜五段のお手本です。

実用的なものから変体仮名まで練習します。

 

 

 

 

ペン部は、実用書からはじまり、手紙文や和歌など楽しみながら書ける内容になっています✨


七段になると、希望者する方は準教師の資格試験(毎年4月と11月)に進みます。

内容は、提出課題と実技、書道理論のテストになります。

教師になると、自分で教室を開くこともできますよ。

 

今回も、教室から新しく準教師を目指す方がおられます。

資格試験、頑張ってくださいね✨✨

第44回近県書き初め展

  • 2020.01.31 Friday
  • 12:00

第44回 近県書き初め展が開催中です。

【会期】 1月31日(金)〜2月2日(日)
【会場】 エフピコRiM7階 市民ギャラリー
※金賞以上の作品を展示

教室内の生徒さんの作品も、一部展示されています。

***************

【硬筆の部】
□大賞「広島県書美術振興会理事長賞」 1名(深津小1)
□特選 5名(湯田小1、大津野小1、駅家西小2、ぎんがの郷小5、広大附属福山中3)
□金賞 10名(みちのうえこども園年長、坪生保育所年長、駅家小1、駅家小1、駅家西小1、宜山小1、引野小1、幕山小1、宜山小4、銀河学院中2)

【毛筆の部】
□福山書道連盟賞 2名(幕山小3、ぎんがの郷小5)
□特選 4名(新市小4、千田小5、駅家小6、近大付属福山中1)
□金賞 14名(御幸小2、新市小2、幕山小2、駅家小3、宜山小3、伊勢丘小3、御幸小4、駅家小4、幕山小4、幕山小5、幕山小5、幕山小6、盈進中2、銀河学院中2)

【一般の部】
□奨励賞 1名

***************

 

大賞「広島県書美術振興会理事長賞」を受賞した一年生の作品。

小学一年生 硬筆の部、全出品者の中で第一席でした。
一年生ながら、しっかりとした運筆です✨

 

 

福山市書道連盟賞を受賞した三年生の作品。
丁寧な筆づかいで書かれています✨

皆さん、おめでとうございます!
銀賞・銅賞の皆さんもおめでとうございます!

【学童・中学生部】12月は成田山競書大会に出品

  • 2020.01.28 Tuesday
  • 16:59

12月の小中学生は、成田山競書大会に向けての作品を書きました。

課題は自由なので、それぞれ好きな内容で。

 

 

写真は、6年生の作品。

小学生最後の大会…ということで一ヶ月間、様々な作品を書いてみました。

 

 

写真は、年長さんと二年生、三年生の作品。

 

「も」は最近、毛筆を始めた年長さん。

一年生と同じ括りになりますが、初出品しました😊

 

二年生は、オリンピックの「ごりん」を元気な筆使いで書いています。

 

そして、好きな字ということで、半紙や長半紙に色々書いてみた三年生ですが、

「やっぱり長半紙が得意!」とのことで、最後に「ふじ山」を書いて出品。

 

皆さん、最終日では、納得のいく作品が仕上がったようです✨

 

各賞の発表は、4月となります。

幼・一年生の硬筆と毛筆

  • 2019.12.10 Tuesday
  • 21:00

毎年この時期になると、就学前のお子様の問い合わせが増えてきます。

質問で多いのは、「筆は同時にした方が良いですか?」というものです。

教室では、まずは硬筆のみをしていただいています。
鉛筆に慣れて、ひらがながある程度書けるようになったお子様から、順次毛筆に進みます。

小学一年生も同じようにしています。

 

 

こちらは、11月の年長さんの作品です。

稽古では、字には綺麗な形があること、一文字一文字丁寧に書く事を伝えています。

 

 

こちらは一年生の11月の作品。

年長さんも一年生も、みんな上手に書けています✨
ぜひ拡大してみてください😊

 

 

こちらは、一年生の毛筆です。

毛筆に進んでも、お手本を見て丁寧に書くことを心掛けます。

また、2020年からは、小学1・2年生の書写の授業に「水書用筆等を使用した運筆指導」が取り入れられることに。

筆を使うことで、トメ・ハネ・ハライや、筆圧調整が感覚的に分かり、硬筆の運筆(鉛筆運び)がスムーズになると言われています。

ですので、教室でもまずは硬筆からはじめていただきますが、毛筆も早い段階で習うことをお勧めしています。


◎硬筆の稽古について書いたブログ
硬筆の稽古について

 

◎お稽古全般についてはこちらへ
稽古について


------------------------------------------------
福山市の書道教室
関戸書道教室 
050-3580-3735(体験・見学専用ダイヤル)
https://sekitoshodou.com
□駅家教室
□伊勢丘教室
□坪生教室
□高屋教室 ※神辺の方も在籍
------------------------------------------------

11月は新春競書大会の予選

  • 2019.11.30 Saturday
  • 20:00

11月。岡山県の小・中学生は、「岡山県児童生徒新春競書大会」の予選課題を書きました。

 

今年は何枚練習したか全て取っておいてもらったところ、自分の書いた量に生徒たちも満足げ。

 

たくさん書いた頑張りが、目に見えて分かりました☺

 

 

写真は、5年生と中学2年生の作品。

前に貼って、前回より良い作品を……という気持ちでお稽古しました。

 

予選通過かどうかの結果は、年明け。

本選に進む人は、2月にある席上揮毫大会に参加します。

 

◎この大会は、岡山県の生徒のみの参加となります。

 

◎福山市の生徒は、近県書き初め展の作品を書いています。

【学童部・中高生】児童・生徒選抜展

  • 2019.10.14 Monday
  • 11:01

10月12・13日に、第11回 関西書芸院 児童・生徒選抜展が開催されました。

 

毎年、幼・小・中高生が夏に書いた条幅作品を、10月に発表しています。


教室からも17名の生徒が参加。

夏休み中の稽古で、時間をかけて取り組みました✨


 

 

 

床で書いた大きな書が会場を埋め尽くしており、子供たちのパワーに圧巻でした。


作品は、軸に仕立てられて返ってきます。

 

(↑クジ引きも盛況でした)

 

来年も開催予定なので、ぜひご参加ください。

第36回 読売書法展

  • 2019.09.27 Friday
  • 09:30

読売書法展 中国展が、ふくやま産業会館 ビックローズにて開催中です。

 

読売書法展は、古典に基づいた伝統の書を中心とする展覧会で、

漢字・かな・調和体・篆刻、各分野の作品が展示されています。

 

中国展の会期は9月29日(日)まで。

ぜひ、ご高覧ください。

https://yomiuri-shohokai.com/news/category/shohokai-news

 

また、9月29日の13時からは、特別企画「年賀状を書こう」の講座があります!

 

入場券が若干枚数ございますので、

お出かけの方はお声がけください。

 

 

 

 

 

【一般部】9月は資格・昇段試験

  • 2019.09.22 Sunday
  • 09:00

今月は、秋季資格試験&昇段試験の月です。

 

昇段試験の方は、受験作品の提出があり、

資格試験(準教師以上)の方は、今月末に実技&学科のテストがあります。

 

教室内でも、漢字・かな・細字・ペンと各部門受ける方、

一般部の段に挑む中学生もいて、受験作品も集まってきました。

 

例えば、漢字部門の昇段試験の課題は、自運(手本あり)もありますが、

上段者は古典臨書がメインとなっています。

 

関中本千字文や米芾、王羲之の集字聖教序や喪乱帖…

 

どれも書道をしている人にはお馴染みの古典です。

 

 

 

写真は、生徒さんの関中本千字文と米芾の半切。坪生教室での稽古風景です。

行の通りや字間に気を配りながら書かれています。

 

ちなみに、普段の字を綺麗にしたい人は、左の関中本千字文を習うのが良いと言われています。

中学生で、初段や二段を受験する生徒さんも関中本を半紙に臨書しました。

 

あと、半切は床で書くと体力も使いますね。

たくさん書いて、筋肉痛になる人も……

 

中国で地面に字を書いている光景がよく見られますが、あれは健康法の意味合いもあるそうです。

書道は意外と全身運動になります!

 

ひとまず、受験作品を出し終えた皆さんは、お疲れ様でした。

 

今月末の資格試験を控えている方は、もう一踏ん張り頑張りましょう✨

 

 

 

【学童・中学生部】誌上展プロマイド

  • 2019.09.10 Tuesday
  • 12:00

6月に書いた誌上展の賞状、皆さんに届いたかと思います。

 

金賞・特選の皆さんには賞状が。

 

準大賞・大賞の皆さんには、賞状とプロマイドが届きました。

 

作品がA5サイズの大きなプロマイドになっています。

以下、教室内の作品です。

 

 

伊勢丘教室 小学三年生

 

坪生教室 幼稚園

 

高屋教室 小学一年生

 

駅家教室 中学一年生

【学童部】きんもくせい✨

  • 2019.09.06 Friday
  • 18:16

一年生の今月の硬筆は、

「小さなオレンジ きんもくせい」。

課題も秋らしくなってきました。

 

昨日の高屋教室では、

 

「きんもくせいって何?」

 

「小さいオレンジ色の花が咲く木だよ。

秋に咲いて、いい匂いがするよ」

と言うと、

 

「保育園にあったよ!」

とお返事が!

 

保育園の金木犀の木を思い出したようです😊

 

もうすぐ、金木犀の香りも楽しめる時期。

今年も金木犀に触れる機会があるといいですね✨

 

 

さて。

6月から少しずつカタカナを勉強している一年生ですが、ついに漢字が登場。

 

課題用紙に書く前に、ノートで書き順、トメ・ハネ・ハライなどを習います!

 

 

 

 

夏休みの自由課題

  • 2019.08.06 Tuesday
  • 11:21

夏休みの自由課題、みんな頑張っています!

 

毛筆をしている生徒は、書道で出せる部門になるべくたくさん出してもらっています。

 

学校によって違いますが、「JA共済 全国小・中学生書道コンクール」、

「MOA美術館全国児童作品展 書写の部」などの作品を書いています。

 

 

新市小学校では「新市町美術展」が自由課題になっていたので、出品してもらいました。

 

写真は、駅家教室の4年生が書いた「五色」。

3年生で入会され、筆を始めて一年ほどですが随分上達されました✨

 

夏休み中、選抜展に出す生徒は、床で書く条幅紙(69×136僉砲盻颪い討い泙垢茵

【学童・中学生部】6月は誌上展

  • 2019.06.28 Friday
  • 20:54

6月は、誌上展の課題を書きました。

 

普段の月例課題と少し違い、硬筆はフェルトペン、毛筆は半紙二文字の課題です。

 

今年は、七夕にちなんだ内容でした。

生徒さんの作品を一部、紹介しますね。


 

フェルトペンで「ねがいごと」。

こちらは、坪生教室の年長さんの作品です。

お友達同士の3人。

みんな一文字一文字、きれいな形で書けています✨

 

 

 

「にじ」。

こちらは、伊勢丘教室の一年生の作品。

毛筆をはじめてまだ2ヶ月めですが、上手に書かれています❗

 

 

誌上展の結果は、8月号で発表となります。

各賞みなさんに賞状が届きますよ。

 

 

------------------------

☆指導方法についてのブログを書いています。

入会をお考えの方はこちらもどうぞ

稽古について

 

【学童・中学生部】4月は昇段級試験

  • 2019.04.29 Monday
  • 10:54

今月は幼・小学生・中学生の昇段級試験でした。

昇段級試験は、4月と10月の年2回あり、飛び級ができる月になります。

 

 

新3年生の作品。

小学校でも習字がはじまり、新しく入会した3年生も頑張っています。

2級以上になると長半紙に書きます。

 

 

新6年生と新5年生の作品。

学年が上がると、漢字も多くなります。

 

 

5年生。習字の課題でよく出てくる「の」。

難しい箇所は、繰り返し書きます。

「の」の書き方は色々ありますが、転折で筆が裏返る方法を練習しました。

 

昇段級試験の結果は、6月号で発表となります。

5月は各学年、硬筆・毛筆共に名前の練習をする予定です!

 

 

関戸書道教室(駅家教室)のご紹介

  • 2019.04.12 Friday
  • 14:44

ブログで教室の紹介をしたことがなかったので、ゆっくりですがしていきたいと思います。まずは、駅家教室から。

 

駅家小、駅家東小、駅家西小、御幸小、宜山小、駅家南中を中心に色々な学校の生徒が通っています。

 

大人は月曜日の夜が多く、振り替え利用で土曜日に通う方も。

大人はペンのみ、ペンと細字と漢字など、皆さん自分が勉強したい分野をされています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【駅家教室 月曜日の様子】

 

15:30〜 就学前のお子様と小学1、2年生が硬筆のみをするクラス。

 

16:30〜 小学生メインで硬筆と毛筆をするクラス。就学前のお子様もいます。

 

18:00〜 幼・小学生から大人までが稽古をしています。就学前のお子様や、小中学生の兄弟もいます。

 

◎中学生は部活が終わり次第、大人は仕事が終わり次第来ています。

◎16:00〜など個別に時間の設定はできます。

 

 

【駅家教室 土曜日の様子】

 

土曜日は、9時から12時に開講。

前半の時間帯は、幼・小学生が多いです。

 

 

教室内のようす。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

詳しい内容は、ホームページhttp://sekitoshodou.comをご覧ください。

 

 

【一般部】3月は昇段試験

  • 2019.04.01 Monday
  • 09:41

3月は一般部の昇段試験の月でした。

一般部の昇段試験は、毎年3月と9月にあります。

 

漢字、かな、細字(小筆)、ペン、各部門とも段を取得するためには、昇段試験を受けます。

 

 

写真は、漢字部門三段の課題を書いているところ。

三段の課題は「森羅万象」の楷書と行書、関中本千字文の臨書です。

 

皆さん、自分が極めたい部門を受けています。

なかには、全部門受ける方も。

 

3月21日には恒例の春季錬成会があり、試験を受ける方が岡山に集まり、錬成しました。

 

課題の提出締め切りは、4月8日。

あともう一息です✨

祝 卒業!

  • 2019.03.20 Wednesday
  • 09:00

卒業を迎えた皆さんおめでとうございます✨

 

書道は、納得のいく字が書けた時は嬉しくて、でも書けない時は悔しくて…

それぞれの思いがあったでしょう。

 

中学生になったら、行書や一般部(大人の部)の課題も書きます。

中学の課題、楽しみですね!

 

 

写真は、中学校の宿題(冬休み)に取り組む先輩。

学業優先で途中休会していましたが、習いはじめて6年目。

最近になって字が上達したと感じているそうで、学校で冊子のタイトルを書く係に立候補したとか。

 

続けることで得られるものがあるようです💫

 

新春競書大会 本選の練習

  • 2019.02.14 Thursday
  • 22:10

山陽新聞社主催の岡山県児童生徒新春競書大会、今年は4名の生徒が本選に進みました。

 

本選では、予選通過者が一堂に体育館に集まり、その場でお手本なしで各学年の課題を書きます。

 

3枚の紙が配られ、30分以内に清書を仕上げ、自分で1枚選んで提出します。

まさに、30分間の真剣勝負です!

 

始めてください、の合図とともに一斉に書きはじめます。

 

 

写真は、教室での予行演習の様子(6年生)。

お手本を見ずに3枚書いて、どれが1番良いか選んでいるところ。

自分で選んだのは3枚目の一番右でした。

 

一枚書く→書いた作品をよく見て、自分で改善点を見つける→その点に気をつけながらもう一枚書く

これを繰り返しました。

 

大会は、2月17日(日)です。

みんなしっかり練習できたと思います。

あとは本番で実力を出すだけですね❗

 

(この大会は岡山県在住または岡山県内の小中学校に通う生徒が対象なので、福山市の生徒は参加していません)

第43回近県書き初め展

  • 2019.02.02 Saturday
  • 10:35

第43回近県書き初め展が開催中です。

応募作品のうち金賞以上の作品が、

エフピコRim7階市民ギャラリーに展示してあります。

会期は2月3日(日)まで。

 

教室内の生徒作品も、25点展示しています。

小中学校から参加している生徒もいて、学校参加では1名が特選、2名が金賞でした✨

 

以下、教室内結果です。

 

***************

硬筆の部

□福山書道連盟賞 1名(幕山小2)

□特選 1名(大津野こども園年長)

□金賞 6名(駅家保育所年長、御幸小1、幕山小1、伊勢丘小2、宜山小2、ぎんがの郷小4)

 

毛筆の部

□福山書道連盟賞 1名(幕山小4)

□特選 3名(駅家小3、ぎんがの郷小4、駅家小5)

□金賞 11名(伊勢丘小2、幕山小2、宜山小3、幕山小3、御幸小3、幕山小4、幕山小4、幕山小4、幕山小5、駅家西小5、駅家小6)

 

一般の部

□特選 1名

□奨励賞 1名

***************

 

入賞、おめでとうございます❗

銀賞、銅賞の皆さんもおめでとうございます❗

 

 

写真は、福山書道連盟賞の作品です。


(福山市の生徒のみ参加しました)

 

【学童部】1月は成田山全国競書大会に出品

  • 2019.01.30 Wednesday
  • 10:06

 

1月は、月例課題を終えた人から、成田山全国競書大会に出す作品を書きました。

 

一年生は、毛筆を始めて数ヶ月の生徒ばかりですが、4名が出品❗

今は、まだ基本の線の引き方を練習している最中です。

 

全員の作品を見ていると、やはり、綺麗な線の作品は、ぱっと目立ちます。

 

綺麗な線を引くには、集中力はもちろん、姿勢や筆の構え方が大事。

稽古中もその点に気をつけて書いてもらっています。

 

コンクールで賞をとることが全てではないのですが、良い励みになるので幾つかの大会に参加しています。

 

成田山の結果発表は、4月。

入賞者には賞状と賞品が届きます。

 

また、出品作品は全て、成田山新勝寺にて書道上達祈願のご祈祷をしていただけますよ✨

【学童部】硬筆について

  • 2018.12.24 Monday
  • 14:20

書道教室ですが、実は硬筆にも力を入れています。

小学生は毎月の課題のほかにも、ノートで習った漢字の復習を。

ひらがなと自分の名前は繰り返し練習しています。

 

 

 

就学前の子どもたちは、書き順のテキストからはじめます。

 

 

ノートでもなぞり書きを中心に、ゆっくりと字に慣れてもらいます。

「好きこそ物の上手なれ」と言いますが、まずは書くことが好きになってもらえるように✨

 

 

 

 

【学童部】12月は近県書き初め展に出品

  • 2018.12.24 Monday
  • 14:00

 

12月は近県書き初め展の作品を書きました。

写真は生徒の作品です。

はじめて長半紙に書く子からは、長半紙の方が楽しいとの声も。

みんな、のびのびと書けました✨

 

 

こちらは近県書き初め展、硬筆クラスの生徒作品。

 

かるた…は就学前の子どもたち

大きなこえで…は一年生

お正月に…は二年生

です。

 

締め切り日の伊勢丘教室の硬筆クラスの子たち、「ふ〜頑張った〜」と言いながら帰っていきました。 

頑張ったね。力作揃い✨

【一般部】創作

  • 2018.12.19 Wednesday
  • 14:00

 

今月の一般部は創作をしました。

作品は、近県書き初め展へ出品します。

 

辞書から好きな古典の文字を選んで、自分だけの書を作る。

まずは手本なしで書いてみます。

 

優しい書、おおらかな書、元気な書……字からもその方の顔が見えてきます。

【学童部】児童選抜展

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 20:00

 

 

 

10月に行われた児童選抜展の様子です。

 

夏休みに頑張って書いた条幅を掛け軸にして展示しました。

帰ってきた作品を地区の文化祭に出品した生徒もいるようです。

頑張って書いた作品を沢山の人に見てもらえるのは嬉しいですね😊

 

来年も開催予定ですので、挑戦したい人はぜひ参加してください。

作品が軸装されて帰ってきますので、よい記念になると思います。

【学童部】一年生の漢字

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 14:00

 

小学校で漢字を習い始めた一年生。

 

教室でもカタカナをおさらいした子たちは漢字にはいりました。

一年生で習う漢字は全80字。

ここを丁寧に練習すれば、二年生以降もスムーズです。

 

あっという間に漢字に突入したけど、一年生のみんながんばれ✨

 

※一年生の漢字は、漢字の書き方の基本が学べますので、上級生も練習しています。

【一般部】9月は昇段試験&資格試験

  • 2018.08.31 Friday
  • 21:07

一般部(大人の部)では初段〜七段の認定には昇段試験があり、

七段以降は準教師・教師・準師範・師範と資格試験を受けていきます。

 

昇段試験&資格試験は3月と9月の年に2回。

9月に受験する人は8月から課題に取り組んでいます!


資格試験は、実技の他に学科試験(ペーパーテスト)もありますので、書道についての知識も勉強します。

また資格試験には、教育書(小学生〜中学生に教えるための実技)もあります。

資格試験を受ける人はその練習もしますよ。

まずは、ひらがなから。

 

 

「あいうえお」から始まって、

半紙二文字書き・四文字書き・六文字書き、そして長半紙に進み、同じように行書でも…

かなりの種類の手本を練習します。

 

もちろん、硬筆の手本書きや、一般部の通常課題、条幅サイズ、臨書もあります。

 

資格試験、盛りだくさんの内容になっております!

 

昇段試験&資格試験のための錬成会は、9月2日(日)にあります(午前中は講義、午後は添削です)。

資格試験本番は、9月23日(日)。

 

受験される方は、頑張ってくださいね✨

【学童部】8月のお稽古

  • 2018.08.31 Friday
  • 21:00

今月の毛筆は、条幅サイズも書きました。

 

縦136cm横34.5cmの大型紙の中心に体を置いて、全体を見渡しながら書いていきます。

 

 

体を使って書くからか、「床で書く方が楽しい」という生徒もいます。

 

とはいっても、筆は半紙用よりかなり大きく、扱いも難しくなりますので

10月の児童選抜展に出す生徒を中心に、2級以上の希望者に書いてもらいました。

 

 

↑生徒作品。選別中の様子

 

夏休みに頑張って書いた条幅サイズの作品は、

10月13日(土)〜14日(日) 

第10回生徒・児童選抜展 〈至関西書芸院〉で展示されます❗

 

【学童部】7月のお稽古

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 21:12

7月は月例課題が終わった人から、夏休みの宿題に取りかかりました。

 

高屋教室では、7月末締め切りの「与一まつり書道展」や「岡山県児童生徒書道展」( 山陽新聞社主催、県教委共催)を。

 

 

自主的に3時間書いて帰った生徒もいます。

3時間は自分史上最長記録だとか。

納得のいく字が書けたかな?

 

皆さん、教室が空いている時間内であれば、自習で思う存分書いてくださいね。

 

夏休み中は、引き続き「JA共済小・中学生書道コンクール」や「MOA美術館児童作品展」など学校によって提出課題は様々ですが、夏休みの課題を錬成します。

 

10月の児童選抜展に出す生徒は、条幅サイズも書きます!

七夕祈願

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 20:58

7月の第1週目は、お稽古の前に七夕の短冊を書きました。

 

 

短冊は、流れ星伝説のある井原市星尾神社で祈願、お焚き上げしていただきます。

七夕祈願祭が行われるようなので、お知らせしますね✨

 

🔶星尾神社 七夕祈願祭🔶

日時: 平成30年8月7日(火)

12時30分〜子供神楽
13時30分〜神事、お焚き上げ
15時〜お札渡し、解散

場所: 星尾神社(岡山県井原市美星町星田5276)

 

今年は30周年記念祭で「短冊コンテスト」があり、

全国から送られた短冊の中から100点が本殿に飾られるそうです。

 

 

皆んなの願い事が、天まで届きますように!

 

2年生の中にも、短冊の名前を漢字で書いている生徒がいましたので、

早速ノートで名前の漢字を練習しました。

 

低学年は特に漢字の練習が楽しそうで、微笑ましいです。

2学期は各学年、漢字の書き取りにも力を入れていきます!

【学童部】静と動、文武両道

  • 2018.07.14 Saturday
  • 14:00

 

 

野球や剣道、サッカーなどスポーツと書道、両方を頑張ってる生徒も多いです。

高学年にもなると集中力はさすが✨

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM